老化を食い止めたいなら注目|アンチエイジングをするメリットを紹介

女性

美容外科・皮膚科で若返る

カウンセリング

メニュー別のポイント

美容外科や美容皮膚科では、多彩なアンチエイジングのメニューが用意されており、効果も費用もそれぞれに異なります。一口にアンチエイジングと言っても、肌の表面を改善するものから、体全体の調子を整えるものまで、イメージするところは人それぞれでしょう。まず目的をはっきりさせてから、自分に適した施術を選ぶことが大切です。肌を若返らせる施術には、ケミカルピーリングやイオン導入などがあります。ケミカルピーリングは古くなった角質層を強制的に取り除き、新しい肌へのターンオーバーを促すもので、代謝の衰えをカバーする働きがあります。イオン導入は美肌成分を肌の深部まで浸透させるもので、表面に塗るよりも遙かに大きな効果を期待できます。いずれも比較的短時間で即効性があり、美容外科の施術としては低料金で気軽に受けられるのが特徴です。真皮層のアンチエイジングを図り、たるみやシワ・シミを解消するには、各種マシン治療が効果的です。高周波や光を照射して皮下組織を刺激し、細胞分裂を促して、若い頃の弾力的な肌を取り戻すことを目的としています。レーザーで皮膚に微細な穴を開け、自然治癒力を応用して皮下組織を活性化させる治療法もあります。これはニキビ跡や色素沈着の治療にも用いられます。マシン治療はダウンタイムがほとんどなく、体への負担が少ないという特徴があります。料金は使用するマシンによってかなり異なります。シワを取るには、このほかにヒアルロン酸注射やボトックス注射なども行われています。ヒアルロン酸は人間の関節などに含まれる成分で、副作用の心配がありません。シワのできた皮膚の下に注入することで、肌を盛り上げてシワを解消します。ボトックスは筋肉の緊張を弱める作用があり、表情ジワを解消するのに効果的です。効果は半年〜1年ほどで薄くなりますが、費用は比較的安く、いずれも手軽なプチ整形として人気があります。半永久的な効果があるアンチエイジング法としては、リフトアップ手術が挙げられます。たるんだ皮膚を切り取って縫い合わせる方法と、皮下に糸を入れて持ち上げる方法があります。手術が必要なので費用は高く、ダウンタイムも長くなりますが、一度施術をしただけで、最も確実な若返り効果が期待できるでしょう。糸を使う方法なら、費用や肉体的な負担が少し軽くなります。外科的な施術の他に、内科的な施術を行っているクリニックもあります。具体的にはプラセンタや高濃度ビタミンCの注射などです。これらは体の内側からアンチエイジングを目指す方法として人気を集めています。