後悔先に立たず|融通が効く注文住宅が人気

家の買い方選び方

ハウス

中古物件で確認すること

中古一戸建ての買い方には、大きく分けて2種類あります。そのまま居住可能な家を買うか、リフォームやリノベーションが必要な家を買うかです。そのうち、今鎌倉で人気なのが、後者の物件です。鎌倉には、築50年を超える古民家と呼ばれるような物件から、比較的新しい物件まで、幅広い中古一戸建てが存在します。しかし、どの物件であっても、購入時にチェックすべきことはあまり変わりません。具体的には、構造がどれだけしっかりしているかを見るということです。まず一番重要なのは、床下と天井裏が見られるかどうかです。点検口があるかないか、必ず確認しましょう。ない場合、もしくは床下と天井が見られないという場合は、購入は見合わせるのが無難です。なぜなら、構造の確認ができない家は、非常にリスクが高いからです。例えば、室内からは見えなくても、天井からの雨漏りがあったり、それが原因で柱や梁が腐食していたら、家自体が危険です。あるいは、築年数の古い中古一戸建てにあることですが、構造部分が弱く、現在の耐震基準を満たしていない可能性もあります。他にもシロアリやカビなど、普通は「見えない部分」を徹底的にチェックしましょう。確実性を考えるなら、素人目ではなく、プロの建築士に住宅診断を依頼するのがベストです。鎌倉の中古一戸建てに詳しい、経験豊富な建築士を探して依頼しましょう。できれば鎌倉の地元で、これから先も付き合える相手を選ぶと安心です。